星降る夜にあの薔薇園で

アンチではないです。評論家気取りなこともあるかもしれません。読まない方がいいです。

2017.5.6の話

この感じ久々だな〜(笑)でも、私はマリウス担として、SexyZoneファンとして、人として、風磨くんがファンに向けて伝えようとしてくれたことでムカついたり悲しくなったことって一度もないよ。あの頃、自由に使える言葉なんて数えるほどしかなかったかもしれない、そんな中でも風磨くんはいつも何かを言おうとしてくれた。私はまず単純にそれが嬉しかったよ。もちろん他の2人の態度もそれぞれのやさしさと強さだったと思ってるけど、誰も何も言ってくれないなんてそれこそやりきれなかった。今日の風磨くんの挨拶は2/3体制にもはっきり触れたし、この先何かを起こるみたいな言い方だったからそれも不安を煽る言い方だったけど、でもその言葉に悪意があったとは誰も思ってないでしょ?
私にとってSexyZoneはとても大切な存在だけど、風磨くんだって人生かけてSexyZoneやってるわけですよ。言い回しはさ?今がよければそれでいいじゃんって感じだったけどそれは、文脈とか行間というのか、間の取り方から考えて、ここまでに辛いことたくさんあったかもしれないけど、今SexyZoneこんなに最高でしょって、こんな最高の「今」を大切にしようって、そういうことでしょ?
話した内容を翻訳機の下手な英訳みたいにそのまま解釈するんじゃなくて、彼らが必死に伝えようとしてくれたことをちゃんと受け止めたいなって思う。
こんなにしつこくこの件に触れてくる人ですよ?あんなコンサート作る人がですよ?「その棘が刺さろうとも歩いてく」って歌ってる人がですよ?今がいいんだからそれでいいじゃんって思っている訳がないじゃない!?

 

健人くんは3人体制の時には黙して語らず、ただ目の前の仕事に打ち込む人だったから、こうして具体的にこのことに触れるのは勇気のいることだったんじゃないかと思うし、それを受けての風磨くんの挨拶も、どうかみんなにあまり悪く言われないといいなって、思いました。風磨担かよ(笑)いや、マリウス担だからこそなのかな?

広告を非表示にする