星降る夜にあの薔薇園で

アンチではないです。評論家気取りなこともあるかもしれません。読まない方がいいです。

ジャニーズ伝説2017

ABC座2017ジャニーズ伝説お疲れ様でした!
まずは大きな事故なく終えられたこと
本当に安心しました。

それにしても、いまだかつてこんなにも分かりやすい構成のジャニー喜多川演出作品があったでしょうか!?再々演ということもあるけど、ジャニーさんが入れたかったであろう史実らしきところはエピソードとして残しつつ、説明的なところはジャニーさんがストーリーテラーになることでうまく省いてて分かりやすい。「(初代)ジャニーズ」についての舞台から、「ジャニーズ事務所の歴史」に重心を変えたのがよかったのかな。綺麗にまとまりすぎて上演時間ちょっと短くなっちゃったけど(笑)

旗揚げ星劇場のときから単なる恒例の舞台というだけでなく「ABC座」という一つのプロジェクト、劇団として活動してきて、社長以外の人の手が入るようになってからは単なる事務所仕事の枠を超えて劇団然として来たと思うし、外部の舞台出演も増える中で、俳優集団としてのA.B.C-Zの活動をさらに外部にアピールする場にしてほしかったし、正直ジャニーズ伝説の再演って乗り気じゃなかった。でもサンズオブマッシュルーム、応援屋を経てABC座が単なる事務所主催舞台以上の価値を持った今だからこそ、ジャニーズ伝説を本当の意味で完成させられたと感じた。ストーリーがわかりやすくなったこともあるけど、前回まで内部舞台として敢えて入れていたであろうソロのシーンなどは潔くカットして、ひとつの舞台として誰が見ても分かりやすく、舞台として引き込まれる作品になっていたと思う。

アメリカから帰って来たジャニーズが周りから思うように評価されなかったこと、A.B.C-Zにも通じるところがあると思うと余計に感じるところがあったな…。パフォーマンスを突き詰める程に、アイドルとしての立場とつじつまが合わなくなっていく。ウエストサイドストーリーに触発されて世界レベルのパフォーマー目指したジャニーズは、アイドルや日本の歌手という肩書きからしたら異端だったし、そういうものって受け入れられないから。こんなに素晴らしい舞台を見せてくれたA.B.C-Zにも同じ葛藤があるなら悔しいことだけど、それでもA.B.C-Zにはアイドルとして「異端」であり、それでいてパフォーマーとして逃げ道がないくらいの直球ど真ん中の「王道」であり続けて欲しいと思いました。

5BOXからのテレワン、痺れたな〜!
5BOXはA.B.C-Zがアクロバットボーイズクラブの名をかけた本気のパフォーマンスで、すでにギリギリのところまでやってるのは明らかなのに、繋ぎなしであのダンスナンバー、テレパシーone two!5BOXで「これ以上の幸せってない!」っていう状態にさせられた上に、不敵な笑みで「これ以上」を見せつけられる、、あの瞬間まさにエクスタシーですよ。血が煮える程の感動と高揚が劇場の中を駆け巡る、あの感覚がA.B.C-Zのファンをしていて最高に幸せです。

最後に、戸塚くん!
ジョーダンバットが鳴っている 書籍化
本当に本当におめでとうございます!
待ちに待った書籍化と、期間限定の
連載再開、A.B.C-Zの特集まで…!?
文芸誌が取り上げたくなるアイドル、
A.B.C-Zってやっぱりなんだか異端で、
そういう彼が私は堪らなく好きです。