星降る夜にあの薔薇園で

アンチではないです。評論家気取りなこともあるかもしれません。読まない方がいいです。

ABC座2019の感想

はじめに断りますがほぼ全部文句です。

読まないほうがいいです。公開しているのは私のエゴです気分を害したらごめんなさい、ですが自己責任です。

 

 

 

 

 

 

 


戸塚くんがジャニーさん役でなくなったということだったので出番が少ないという話はちらほら見かけていて、覚悟していたけど、思ったよりはストーリーテラーとして出番多めだったのはよかった。でも、戸塚くんの出番が多いというのはそれだけ説明的になってしまうということなので、そういう意味ではやっぱりストーリーの登場人物であってほしかったな。

狙い通り今までジャニーさんから語られていた言葉をが第三者からの視点になっていることでジャニーさんの不在を痛感させられるところもあったけど、それはあくまで昨年までのジャニーズ伝説を観ているからであって、初見が今作だったら全体を通して初代ジャニーズのエピソードであってジャニーさんの伝記としての要素はむしろ薄いと感じるんじゃないか?

それと、ここまで再演を重ねる中で大切にしてきた楽曲たちが蔑ろにされているというか、どういう過程があってこの曲が歌われていたか?の部分を考えずに曲だけ残してあるような印象。どうせ脚本に手を入れるなら、ネバマイも悲しき雨音ももう少し丁寧に扱って欲しかったな、というのは単なる個人的な感想ではありますが…

ジャニーズ伝説自体をまとめのタームに移行させたいのは理解できるけど、「今まで」に頼りすぎててジャニーズ伝説2019をひとつの作品として成立させる気がそもそもないんだなと思いました。

(同じようなことを今年の少年たちのレポ見てても思ったけど)

尺が短くなってるわけじゃないし、大幅カットされてるわけでもないけどなんとなく薄くてしゃばしゃばな印象なのはなんなんだろうな〜やっぱりちょっと説明的すぎるから芝居としては入り込めないってことなんだろうか。

戸塚くんとちびじゅの絡みには、初演のみじゅきを思い出した!シャイニングスター懐かしいね🌹初演は脚本としてはわかりにくいところもあったけど()その分お芝居としては入り込めたし、好きだったな。

 


そんなことより2幕の話なんですけど、A.B.C-Zがデビューと共に旗揚げして今日まで大切にしてきた誇り高いABC座という場を、カウコンシャッフルメドレーみたいに使うのやめれる!?ABC座におけるジャニーズメドレーは、ジャニーズが歌ってきた数々の名曲をABC座のためにショーアップして、新しいA.B.C-Zのパフォーマンスとしてステージで表現するところに価値があると私は考えているんですけど、今年は曲自体で楽しませようとしすぎな気がした。バックでJr.が踊ってるけどA.B.C-Zは踊ってない曲とか、歌うだけの曲が多すぎるし、振り付けも原曲そのままのもあって。少クラやカウコンならいいけど、それってABC座でやることですか?次世代に繋いでいくっていう意志はちゃんと感じだけど、後輩に繋いでいくことはA.B.C-Zがパフォーマンスを120%までやれるのに主演舞台であえて80%くらいのことをやるっていうことではないですよね?

えび座メドレーはうれしかったけど、ジャニーズ伝説だけでなくABC座自体まとめの方向に持っていかれている感じはした。終わっちゃうの?

ファイブスター復活はうれしかった!今回のYou…もだけど、A.B.C-Zらしさって最終的にジャニーズらしさに吸収されてしまうところがあると思うんですよ。帝劇で大装置がやや雑な感じに降りてたのも悔しかったし、A.B.C-Zらしさってなんなんだろうって思うこともあって。だからこういう今まで日生でやってきたパフォーマンスをA.B.C-Zアイデンティティとして認めてくれるんだなぁって、それがうれしかった。

まぁ嵐のuntitledじゃないけど、なんでこのタイミングで原点回帰?って思ってると解散に向けたムーブだったりするから怖いけど()

 


私はA.B.C-Zにはパフォーマーとしてまだまだ挑戦者でいてほしいのね、少なくともABC座という場では。後輩育成はいまA.B.C-Zの担うべき役割だと思うし、コンサートはセルフプロデュースがいいけど、ABC座はA.B.C-Zにとって新しいことへの挑戦の場であって欲しいし、A.B.C-Z表現者としての可能性を対外的にアピールする場であってほしい。だからもし来年以降新たな演目をやるのであれば、できれば滝沢くん脚本のいわゆる内部舞台ではなく別の方の脚本演出だといいなという風に私個人としては思います。

Jr.の舞台は滝沢くんがジャニーズアイランド社長として演出を受け継いだ以上どのようになっても受け入れるしかないと思うけど(笑)

 


以上!おしまい!

千秋楽までカンパニー全員で無事に走りきってください!